竹村 和也(たけむら かずや)

takemura

竹村 和也

(たけむら かずや)

東京弁護士会 / 2012年登録(65期)

出身地

大阪府大阪市

経歴

早稲田大学大学院法務研究科

所属

日本労働弁護団常任幹事、事務局次長
ブラック企業被害対策弁護団・副事務局長
日本弁護士連合会 労働法制委員会委員
東京弁護士会 労働法制特別委員会委員

取扱事件

労働事件(解雇、残業代、賃金未払、配転、労災、パワハラ・セクハラ・マタハラなど、)、一般民事事件(貸し金返還請求、請負代金請求、離婚、相続、交通事故など)、刑事事件

主な担当事件・弁護団事件(労働事件に限る)

・JAL整理解雇事件
・JAL管財人不当労働行為事件(東京高判平成27.6.18労判1131.72)
・JAL CAマタニティハラスメント事件(労働法律旬報1894号「日本航空産前地上勤務訴訟の概要と意義」を参照)
・東京測器研究所(仮処分)事件(東京地決平成26.2.28労判1094.62)
・日本IBMロックアウト解雇事件
・無州事件(東京地判平成28.5.30労判1149.72)
・KLM(オランダ航空)無期転換阻止雇止事件

著作(全て共著)

・野田進・鹿野菜穂子・吉永一行編『実務家のための労務相談 民法で読み解く』(有斐閣 2020年)
・東京弁護士会労働法制特別委員会編『M&Aにおける労働法務DDのポイント』(商事法務 2020年)
・日本労働弁護団編『働く人のための「働き方改革法」実践マニュアル 均等均衡待遇編』(日本労働弁護団 2020年)
・日本労働弁護団編『労働相談実践マニュアル Ver7』(日本労働弁護団 2016年)(共著)
・ブラック企業被害対策弁護団編『働く人のためのブラック企業被害対策Q&A』(弁護士会館ブックセンター出版部LABO 2013年)

ひとこと


 当事務所に入所してから労働事件(労働者側)を中心に活動してきました。今後も、働く人の尊厳を取り戻す闘いのお手伝いに尽力していく所存です。